ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

積み立て投資は外国人投資家より好成績だった


スポンサー リンク


積み立て投資は乱高下に強い

f:id:nonoty32a:20170315151258j:plain

WebYenSPA!https://nikkan-spa.jp/category/moneyより引用

 

積み立て投資は順張り投資より上

何度か積立投信や積立投資を推奨してきたが、積み立ての優位性を実証する研究データがネットに掲載されていました。

日経新聞によると龍谷大学の竹中教授の分析では、外国人投資家より積み立て投資の成績が上回った。

2000年以降の約16年間の調査で、教授の分析では外国人は前日比で株価が上がると買い注文を出す「順張り」をしていた。


外国人の平均では2000年に比べて保有資産総額は1.24倍に増えていて、16年で24%増は投資としてどうかと思うが、増えていました。

教授は同じ期間に個人が積み立て投資をしていたら、1.38倍になっていたと計算し、積み立て投資の方が有利だったと結論付けている。

しかも積み立ての方が時間が経つほど優位性がまし、順張り投資との差は拡大していった。


自分の計算でも、ほぼどんな場合も手動で売買するよりは、積み立て投資の方が好成績になると考えています。

特に積み立てが有利になるのは大きく相場が上下しながら上昇するような場合で、バブル崩壊からアベノミクスはピタリと当てはまった。

長期的に下がる相場でも、最初に全額を買ってしまうよりは、積み立てたほうがマイナス金額が少なく済む。


ただ途中で下がらず一本調子に上がっていく場合だけは、最初に全額を投資したほうが有利です。

積み立て投資が有利なのは投資の知識やテクニックが不要な点で、全くの投資初心者で知識ゼロでも、プロと同じ結果になります。

自慢ではありませんが投資では以前結構負けた事があり、確実に勝つ方法を探した結果、積み立て投資にたどり着きました。

 

誰でも勝てる投資

自分が投資が下手な「逆神」であっても超下手くそであっても、必ずプロと同じ結果が出るのがとても魅力的です。

単純に毎月同じ金額を、自動的に積み立てていくだけで、むしろ何もしないほうが良い結果が出ます。

年に一度くらい投資の偏りを直す為の「リバランス」を行えば、もうそれで十分です。


こんなに素晴らしい積み立て投資ですが、やはり物事は良いことだけではなく、何事にも欠点やマイナス面があります。

積み立て投資は誰でも同じ結果が出るので、逆に言えば飛びぬけて良い成績にもならず、年5%の利益が出たらかなりの好成績です。

長期的には99%利益が出る代わりに、年間利回りでは不満に思う人が居るでしょう。


だが仮に年利3%を数十年続けたとしたら、複利効果で投資した金額の2倍以上にも増えます。

もう一つの欠点は長期間積み立てるほど、積み立て効果が薄くなり、相場変動の影響を受けやすくなります。

仮に毎月1万円を40年間積み立てて1000万円(約2倍強)に増えたとして、最後の1年でバブル崩壊して半額になったら、40年間の積み立てがパーなのです。


これを防ぐためにはただ積み上げるだけではなく、国債など相場の影響を受け難いものに、定期的に分散させる必要が出てきます。

長年積み立てて来たのに、最後にリーマンショックとかで元本割れだったら悲惨すぎて涙も出ないでしょう。

国債は儲からない、銀行預金なんか金利もつかないといわれますが、国債と銀行預金はバブル崩壊やリーマンショックで打撃を受けなかった優等生でもあります。


うまく利用すれば確実に資金を増やして、経済危機を乗り越える事ができます。