ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

お金が足りているのに借金で破産する人


スポンサー リンク


破産した人の何割かは、借金する必要が無く収入も足りていた

f:id:nonoty32a:20170217144727j:plain

 

収入は足りているのに破産?

借金で破綻するのは浪費したり必要に迫られてお金を借り、貸せなくなるような人を連想すると思います。

ところが十分な収入があって支出が収入以下なのに、借金が膨らんで破産するという信じられないケースがあります。

ネットの相談コーナーに載っていた事例では月給が32万5000円、支出は月28万円で4万5千円もプラスなので借金とは無縁に見えます。


ところがこの人は500万円もの借金を抱えていて、債務整理すべきかどうか相談しているのでした。

月給のほかに年2回ボーナスもあるので推定年収は手取り500万円近いのに多額の借金をしたきっかけは転職でした。

前の職業については詳しく書いていないものの、以前は相当な収入があったようで、600万円以上だったようです。


この人には持ち家があり、収入に相応しい高級車、子供の学費や養育費などで高収入のときでもあまり余裕は無かったようです。

突然年収が200万円下がったのだが生活を切り詰められず、不足する分をカードで借りて、なまじ信用があったので500万円以上も限度枠がありました。

「500万円も収入があるのにバカじゃないのか」とも思えますが、人は収入が急に減っても、支出を急に減らせません。


例えば毎日お昼は外食しているとして、収入が減ったからお握りを作ってお昼に食べよう、という風には決してできないのです。

多くの人は収入が減っても、現在の生活スタイルを維持できるところまで維持しようとし、借金が返せなくなってからやっと生活を変え始めます。

この人も借金が増えてから生活を切り詰め始め、最初に書いたように収入32万円で支出は28万円になっています。

 

金利が金利を生み自己増殖する

最初からこうしていれば毎月4万円も貯金できたのに、生活費を減らせずに、不足するたびに数万円ずつカードでキャッシングしていました。

500万円の借金だと毎月いくら払うかというと、100万円未満は18%、100万円超だと15%の金利がかかり、17%とすると年間85万円の金利が付きます。

月7万円の金利なので先ほどの家計簿に足すと、月給32万円で支出は35万円になり、毎月3万円の赤字になります。


しかもローン会社などは貸付金が増えるほど返済金額を増やすので、毎月の返済金額は30万円近かったのではないでしょうか。

月給32万円から次々にローンの支払いがあり、借入枠が戻ったら新たに借金して返済を繰り返していました。

家計の不足はたった3万円ですが、ストレスで気が変になりそうになり、債務整理をして借金は100万円に減らしたそうです。


こうした状況になるまでは通常5年から10年はかかり、少しずつ家計が悪化していく事が多いです。

年85万円の金利を6年間払ったら510万円になり、そもそも借金などしなくてもお金が足りていた計算になります。

このように借金が増えていくと金利支払いの為に借金をするようになり、借金そのものが新たな借金を生み出します。

 

無用な借金はしない方が良い

この人と同じように6年間借金の金利を払い続けたら、元金よりも多くのお金を返済している事になります。

それだけ払えたのなら最初から借金をする必要はなかった筈で、ほとんどの多重債務者の借金は「必要なかった」のです。

最初の数万円の借金が月1,000円の金利を生み、その1,000円を返す為に1100円を借り、翌月は1200円、翌翌月は1300円を借りるでしょう。


数万円を現金ではなくカードで払ったために、借金は毎年2倍ずつ増えていき、数年目からは加速度が付いて増えます。

自分の収入から元本を返すのは不可能になり、他社の借金で別な借金を返済するようになり、やがてそれにも金利がついて返済不能になります。

だがその最初のきっかけは、僅か数千円や数万円の借金の金利であり、現金で支払う習慣さえあったら借金は必要なかったのです。


どうしても必要な緊急の出費もありますが、大抵は「ちょっと見栄を張りたい」「我慢したくない」などの理由なのです。