ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

自分の個人信用情報を開示してみた CIC編


スポンサー リンク


申し込み審査は信用情報の記載内容できまる

f:id:nonoty32a:20170121155952j:plain

 

信用情報とは

個人がカードや銀行などでお金を借りると信用情報が記録され、業者間で情報は共有されて利用されています。

例えばAという信販会社で借金の返済が遅れた事があるという情報は、B社でもC社でも把握することができる。

信用情報はクレジットヒストリーとも言い、クレヒスと略す人もいます。


「クレヒスを上げる」というのは自分の信用を高めてよりランクの高いカードを作る時などに使います。

個人の信用情報は業者登録している正規の信販会社などは見ることが出来、ローンの審査などで利用しています。

通常個人は他人の信用情報を見れないが、自分の情報は申し込めば(部分的に)見ることができます。


信用情報を管理している会社は3つあり、最大手は「CIC」(シーアイシー)で多くの金融業者が加入しています、

信用情報はなるべく多くの業者が情報提供して価値があるので、大手に情報が集まりやすく、会員が少ない会社には集まり難い。

CICはクレジットカード会社、信販会社、リース会社、消費者金融、携帯電話会社などが加盟している信用情報機関です。


2番目がJICC(日本信用情報機構)でCICに加盟せずJICCだけ加盟する業者も存在するので、多少の意味があります。

つまりCICでブラックでも、JICCだけ見ている業者の審査には通る可能性が(少し)あるという事です。

3つ目は全国銀行信用情報センターだが、加盟しているのは一部の銀行くらいなので、あまり気にする必要はないと考えられます。

 

なぜか毎日新聞の巨大ビルに入っているCIC

f:id:nonoty32a:20170121161427j:plain

 一階フロアに入るとこんな感じ

f:id:nonoty32a:20170121161526j:plain

 

信用情報の開示

という事はお金の審査に関する情報のほとんどがCICに集まり、次いでJICCを金融機関は参照している事になります。

自分の信用情報にどんな事が書かれているのかは、誰しも非常に気になると思います。

住宅ローンや自動車ローンは通るのか、そもそも自分はクレジットカードを作れるのかは人生に重要な影響を与えます。


結婚して数年たち「そろそろ家を買おう」となって住宅ローンを申し込んだら否決されて離婚する夫婦も居るそうです。

現金で買える人はともかく、自動車や住宅、子供の教育などでローンを組めるかどうかは『男のメンツ』が立つかどうかの瀬戸際です。

通常、銀行や信販会社はローン申し込みを否決しても、理由を絶対に説明しません。


要は面倒くさいからで、申込者がゴネだして「そんなのはおかしい」と言い出すに決まっているので説明しないのです。

だが先ほどの3つの情報機関の記録を見れば、銀行や信販が自分のどこを拒否したのか、おおよそ検討がつきます。

年収とか保証人とかは条件を満たしているのに、ローンを拒否されて納得いかないという人は、一度自分の信用情報を開示すると良いです。


信用情報の開示というと世間に情報を開示するようですが、この場合は自分の情報を自分に開示してもらうのを指しています。

さて能書きより実践という事で、最大手のCICで自分の信用情報をみる事にし、HPで方法を確認すると、大阪市内に窓口があり、免許証を見せるとすぐ開示できると書かれていました。

他には郵送、ネット申し込みなどがありますが、直接窓口に行って申し込むのが最も簡単です。

 

鉄の扉の向こうがCIC

f:id:nonoty32a:20170121161623j:plain

 

直接行けばすぐにもらえる

新宿、札幌、仙台、名古屋、大阪、岡山、福岡に窓口があるので、平日昼間に行ける人は、これが最も早い方法です。

用意するものは本人確認できる免許証と「昔の電話番号」で、クレジットカードなどを申し込んだときの電話番号が必要です。

これが意外に難関で、既に使わなくなった昔の電話番号を全部記録している人の方が稀だと思います。


加盟業者は「氏名」「生年月日」「住所」だけで紹介できるが、個人だと「電話番号」が一致した情報しか開示されません。

借金に追われる人は電話で返済を迫られるので次々に電話番号を変えるのが普通で、全部覚えている人は少ないと思います。

残念ながら利用時の電話番号が分からない分の利用情報はでてきませんが、同一人物なので紐付けで出てくる可能性はあります。


自分は覚えている電話番号が一つだけで、5年以上前の電話番号はやっぱりどこにも記録がなく分かりませんでした。

大阪駅(新大阪駅ではない)近くの毎日新聞ビル5階にCICがあり、建物の巨大さにびびりそうになるが、5階のドアを開けて中に入ると分かりやすい案内がある。

コンビニのチケット購入機のような端末で氏名や誕生日や覚えている電話番号、免許証番号を入力すると、整理番号が出てきます。


続いて窓口のお姉さんの横の、食堂の券売機みたいなもので500円のチケットを購入し、窓口に差し出します。

待ち時間2分ほどで番号を呼ばれると、学校のガリ版用紙みたいな紙に、自分の信用情報が書かれていて、ホッチキスで閉じられていました。

ここで気づいたのは自分のイメージと違い、自分の信用情報が学校の通知表みたいに評価されているのではなく、利用した業者ごとに書かれていることです。

 

案内に沿って奥に進むとコンビニ風の端末がある(撮影自粛)

f:id:nonoty32a:20170121161801j:plain

 

信用情報とは事故情報

つまり「アXム」の紙にはアXムを利用した情報が書かれていて、「オXックス」の紙にはオXックスの情報だけが書かれています。

記載内容は最後の利用は何月何日とか、支払いに遅延がないかとか、本人なら知っている事ばかりです。

期待したような「あなたの信用度はAAAです」とかではなく、利用状況の羅列に過ぎませんでした。


こういう事なので電話番号がわからず出てこなかった業者に事故履歴が書いてあったとしても、通常の開示では見れないのです。

先ほど書いたように電話番号が分からなくても、司法書士か弁護士を通して開示請求すると、全ての利用業者が登録した情報を見ることは可能です。

自分の場合は入力した一つの電話番号で利用している全ての業者の情報がでてきて、遅延無く支払っていたので事故歴はありませんでした。


既に終了した(返済、解約した)業者の情報も5年間は保存されるそうなので、当然過去5年の事故や遅延情報を他の業者も参照しています。

3年前に支払いが一日だけ遅れたなんていう情報も、漏れなく記載され、リボルビングか分割か一括かも分かってしまいます。

そして他の業者がその人の信用照会をした記録も残っているので、「この人はローンを申し込んだが断られた」などが丸分かりになっています。


銀行の住宅ローンなどはとても審査が厳しいので、「5年前に一日だけ携帯電話の支払いが遅れた」なんて事が融資拒否の理由になりかねません。

全社合計の借入金額も信用情報を見れば分かってしまうので、「借金を少なく書く」のはかえって落とされる原因になるでしょう。

極度金額(カードの最大限度額)も記載されているので、「他社はこの人の信用度を50万円と判断している」という具合にその人を値踏みします。

 

という事は審査をする業者にとっては他社の極度額が高く、まだ返済余力がある人が「美味しいお客」という事になります。

逆に信用情報がなく何も記載されていないと「この人はブラックで借入不可だったんじゃないか」という疑いを抱かせるでしょう。

数枚の紙切れから実に色々なことが推測でき、それを業者の人が簡単に見れると思うと、中々怖いですね。

とりあえず自分がブラックとか書かれていなくて良かったです。

 

業者ごとに書かれている、遅延はないので何も書いていない

f:id:nonoty32a:20170121162102j:plain