ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

99%勝てる投資は存在する 元本を増やし一生涯勝ち続ける方法


スポンサー リンク


為替や株式に影響される投資がメインでは、いつか大負けする

f:id:nonoty32a:20170111141542j:plain

https://www.dir.co.jp/library/column/20130523_007198.gifより引用

 

「お金が沢山あれば勝てる」は幻想

100%勝てる投資は存在しないが一生涯を通じて99%勝てる投資なら存在する。

その手の偽情報には自他共にウンザリしていると思うが、ごく常識的なことを積み重ねることで口座残高は増えていく。

投資には元金が必要だが、これが多くの人が投資で惨敗する根本原因になっている。


ある人は親から受け継いだ数千万円をポイと使えるし、別な人はサラリーマン生活で溜めた100万円くらいかも知れない。

またある人はまったくの無一文貯金ゼロ、別な人は多額の借金を抱えていることもある。

最初から数千万円を投資で使える人はうらやましいが、一度に多額の損失を被るのもこのタイプです。


リーマンショックの後の円高では毎日のように数百万負けたり数千万負けたという書き込みがSNSや掲示板でありました。

リアルタイムで見たのは「今5500万円負けた」というもので、長年働いたか親から受け継いだ資産を吹き飛ばしたのでしょう。

大金を最初から投資で使える人は、金の余裕によってある程度の期間、必ず連戦連勝を続けます。


だってどんな投資でも99%くらいは、損切りしなければいつか回復して利益が出るからです。

その代わり損切りしない投資法は1%の確率で多額の損失を被り、負けを知らない投資家は必ず「ナンピン」をやります。

ナンピンは損失が膨らんだ価格で追加購入することで、相場が回復すれば早く利益を上げることが可能です。

 

誰でも勝ち続けることはできる

だがこれも確率の問題であり、いつか必ずナンピンした買い玉も多額の含み損になる時がきます、

こうして何度もナンピンを繰り返した挙句、連戦連勝の投資家は一回の負けで退場する事が多いです。

下手に最初から多額の資産を投資に使えると、学習する機会もないままに全財産を失う可能性があります。


逆に貯金がなく借金を抱えている人の最良の投資はまず借金を減らすか無くすことで、金利を考えても分かります。

クレジットカードや銀行ローンでは最高17%の利子がつきますが、投資で毎年17%の利益を出すのは本当に大変で、不可能と言っても良い。

という事は借金がある人は投資より元本返済にお金を回したほうが、確実に「投資効果」で生活が改善されます。


といっても借金を抱える人は返せないから借金をしているので、収入で返せないなら債務整理とか自己破産が現実的です。

ほとんどの人が「なんとか返したい」「親の手前破産はしたくない」と言いますが、人生やり直すなら根性を決めないとだめです。

それよりはマシだがお金が無いか、少ししかない人は「積み立て投資」を始めるべきです。


まったくお金が無い人でも毎月1,000円積み立てたら10年で12万、40年で48万円、これに年3%の金利がついたら100万円になっています。

これも立派な投資でしかも100%勝ちが決まっていて、負けることはありません。

業者によって様々な積み立て投資がありますが、自分がやっているのは株ドットコムの積み立て投信で、月500円から積み立てることが出来る。

 

積み立てをメインにする

投信にも色々あるが最もリスクが低いのが為替ヘッジ付き先進国債券で、ほとんどを米国債購入などで運用しています。

目的は元金を増やすことなので毎月コツコツ投資すると、毎月1000円でも1年後には1万2千円に増えています。

月5000円なら1年で6万円たまり、元金が増えると投資できる対象が増えていきます。


基本的にはヘッジ付き債券で運用したままですが、これだと年に1%から3%の利益というところなので、少々物足りない。

そこで10年に1度くらいやってくる「円高」と「円安」の波を利用して利益を増やす事にします。

円高になると同じ日本円の金額でも、より多くの米ドル投資が可能になるので、その時にドル建て商品を買ってしまいます。


1ドル100円以下が円高、100円以上は円安と考えてよく、特に1ドル90円を下回ったら数十年に一度の買い目です。

といっても前回の円高で1ドル76円になったように、次の円高は60円台になるかも知れず、誰にも分かりません。

そこで毎月積み立ててでこつこつ積み立てたように、1割(10円)円高になるたびに買い足してリスクを分散させる事にします。

 

徹底してリスクを避ける

投資信託にはFXのようなロスカットがないので、買った時より円高が進行しても、既に買ったものは放置して良いのです。

こうして円高のときに買っておいた米国債や米株商品は、円安になったときに大きな利益を生み出します。

重要なのは「毎月積み立て」し減らないように運用することで、間違っても高収益を求めてレバレッジを掛けた投資に使ってはいけません。


利回りが大きい投資は競馬の万馬券と同じで、ロスが多いのでトータルでは負ける確率を高めるだけです。

「投資は積み立て」と考えて為替リスクも避けて、安全に立ち回れば一生涯勝ち続ける投資家になるのも可能です。

たとえ日経株価やNY株が大暴落したとしても、国債はあまり影響を受けないので、私は為替ヘッジ付き外国債券投信をメインにしています。


積み立てで元金が増えて余裕が出てきたら、負けても良い金額で東芝とか三菱自動車とか東電のようなリスク銘柄をプチ株やミニ株で投資しています。

原油とか日経も買いますが、それも負けても良い金額で、メインの投資はあくまでも低リスク債券で運用します。

たとえバブル崩壊やリーマンショックが起きたとしても、ほとんどの資産は最小限の影響しか受けないようにし、長期的な利益を狙います。