ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

経費で節税すると損をする場合がある 個人事業主のノウハウ


スポンサー リンク


節税の為に買い物をすると現金が減り変な物が残る

f:id:nonoty32a:20170107161650j:plain

 

節税で損をする人たち

ネット起業や副業で20万円以上の所得(利益からさらに控除を引いた金額)があると確定申告をする必要があります。

確定申告で青色申告を選ぶと、記帳が面倒な代わりに一回30万円までの経費が認められます。

例えば30万円のバイクを買い、30万円の軽トラを買い、30万円のパソコンを買ったら、事業で必要なら90万円が経費になります。


事業で300万円の利益があると基礎控除+青色控除(65万円)で100万円以上が控除され、さらに経費が差し引かれます。

すると事業での利益が300万円だったのに、あら不思議100万円くらいしか課税されなくなります。

別に違法ではなく、例えば料理教室を開いている奥さんがベンツのワゴンを買ったとします。


「食材を仕入れるため」としてベンツを毎年減価償却して経費に計上すると、事業を赤字にすることが可能になります。

赤字になると所得税だけでなく住民税とか子供の保育園の料金とか、色々なものが連動して安くなったりもします。

さらに甚だしい場合にはベンツを乗り回して事業をやりながら生活保護を受けているなんてのが、時折ニュースで放送されます。


そこまででは無くても「節税の為にわざと買い物をして経費を増やす」というのは良くありますが、本当にそれで得をするんでしょうか。

会社としてあるいは個人事業として必要な支出をして、それを残らず経費に計上するのは分かります。

だがそもそも必要の無い高級ベンツを買って事業を赤字にして節税しても、ベンツを買ったためにお金が減ったのです。

 

目的は現金を手にすること

会社の場合は「会社がどうなろうと経費でタクシーに乗れれば嬉しい」でしょうが、個人事業だとわざと経費を増やしても現金が減ります。

ネットオークションでもサイト運営でも良いのだが、目的は現金を手にする事だと思うので、不用品を溜め込むことではないと思います。

節税した変わりにお金が減って、欲しくもないベンツが車庫にあるのは、果たして「得をしたのか」という事です。


むしろ節税なんかせずに申告して、素直に税金を払ったほうが、手元に残る現金は多かったのでは無いでしょうか。

いわゆるキャッシュを増やす事が重要で、車やパソコンを買ったり旅行をして領収書を切ってもらっても、その分キャッシュは減っている。

こういう事業主やフリーランスに限って「いやー儲けても現金が残らないんだよね」と言うのだが、それはそうでしょうね。


節税にはいくつかの種類があり一つ目は「お金を掛けない節税」で、事業に本当に掛かった経費を申告する事です。

二つ目は「お金が掛かる節税」でベンツを買って事業を赤字にする的な方法です。

三つ目は「支出の先送り」で、今年支払うべき税金を将来に先送りするような方法です。


二つ目は節税した為に却って現金が減ってしまい、三つ目は節税にすらなっていません。

例えば交際費とか会議費で飲み食いしたり旅行する人が居ますが、節税する為にわざわざ支出したのなら、その為に経営悪化した筈です。

経費を残さず書くのは大事ですが、経費を増やす為に飲み食いしているなら、その事業の先行きは暗いでしょう。