ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

1万円で高画質な中古コンデジカメラを買う IXY 640


スポンサー リンク


新品同様、箱付き備品完備で1万3千円です

f:id:nonoty32a:20161225154028j:plain

 

理想はゴルゴ13

所有しているカメラ(IXY 30S)で撮影した画像に不満があり、買え替えたいというのは以前書きました。

その後やはり強い不満が出てきて、IXY640という中古カメラを購入したので、ちょっと書いてみます。

IXY 30Sは室内では食べ物などを綺麗に撮影できる反面、明るく広い空間ではまったくダメで、酷い写真になりやすかった。

全体にもやっとしてどこにもピントが合ってない感じ

f:id:nonoty32a:20161225154341j:plain


しっかり合わせた筈なのにどこにピントが合っているのか不明なピンボケ写真で、色も目で見た印象より薄くぼやけていました。

例えていえば目で見たときは真っ赤だったのに、IXY 30Sでは30年前の古ぼけた看板みたいな色彩に写っていました。

しかも写真に立体感が無く、人工的で「カクカクした画像」みたいになっていたのでした。

 

(左旧、右新)室内では同じような感じ

f:id:nonoty32a:20161225154800j:plain


選定の条件としてはまず「小さいこと」でYシャツの胸ポケットとかズボンのポッケに入らなくてはなりません。

大きさでいえば昔のガラケーより大きくても厚みがあってもならず、これは絶対に譲れない条件です。

なぜならブログ写真は「その時カメラを持っている」事が必要で、高性能でも撮りたいときに車の中とか自宅にあったら無意味なのです。

 

(左旧、右新)輪郭がはっきりとし、色もシャープ

f:id:nonoty32a:20161225154944j:plain


事前に「さあ写真を撮りに行くぞ」という時も(たまに)あるものの、タイムリーな写真は偶然ポッケにカメラが入っていたので撮れる事が多い。

マンガのゴルゴ13は銃の名手でオモチャの銃でも百発百中ですが、イメージとしてはそんな感じです。

持ち歩いても邪魔にならず、すぐに取り出して2秒以内にシャッターを押せるのが絶対条件です。

 

(左旧、右新)拡大すると右は細かい草の一本一本まではっきり映っている

f:id:nonoty32a:20161225155106j:plain

 

カメラは消耗品

二つ目以降の条件は「暗くてもフラッシュ不要」「画質がそこそこ良い」で、特にIXY 30Sが苦手だった「青空の下の風景」みたいなのを改善したかった。

三つ目の条件は価格が安いことで新品なら3万以内、中古ならその半分、できれば1万円以内が希望でした。

ポケットに入れて持ち歩くということは、「いつかは必ず落とす」訳で、落としても惜しくない値段に収めたかった。

 

候補に挙がったのは「FUJIFILM XQ」、「CASIO HIGH SPEED EXILIM」、「Canon IXY 600」の各シリーズでした。

それぞれ最新型の新品だとフジが4万、カシオ2.8万、キャノン2万円ほどで、キャノンはかなり安いのが分かります。

というよりキャノンのIXY 600だけが低価格コンデジで、他はもう少し高級なコンデジという位置づけで仕様や機能も違っています。

 

上の写真の草むらをズームで撮影してみた IXY 640

f:id:nonoty32a:20161225155223j:plain


4万2千円のフジXQ2Sを買っても買ったその日に落として壊す可能性があるし、消耗品にしては少々お高いです。

4万円のカメラを恐々と4年間使うよりは、1万円のカメラを消耗品と割り切って毎年買うほうが、ブログ撮影用には向いています。

IXY 650や640は新品で2万円、型遅れの630や620だとヤフオクやアマゾンで数千円で売られていました。


中古カメラを買うポイントはとりあえず状態は「新品同様」で「箱や説明書」が付属しているのを重視して、かなり高い1万3,000円の物を選んだ。

というのはどんな使い方をしたか分からないので、新品同様ならあまり使い込んでいないし落としても居ないと推測できる。

新品同様でなおかつ箱入りで備品完備なら、数回使った後で箱にしまわれていた可能性が高い。

 

離れた屋根の上を最高倍率で撮影してみる IXY 640

f:id:nonoty32a:20161225155334j:plain

 

買い替えは大成功

デジカメの中核である素子はシャッターを切る回数に応じて寿命が決まっていて、ネット情報では2万回撮影すると画質などが劣化していくそうです。

毎日十枚撮っても1年に3650枚しか撮れないが、問題は動画撮影で、1秒間に何十枚も撮影するのでかなり消耗している可能性があるそうです。

安いからといって使い込んだデジカメを買うと、既に寿命を過ぎた物を掴まされる場合もあります。


アマゾンでIXY 640の中古を注文し2日後に届いたので、早速外で撮影し、同じ構図でIXY 30Sで撮り比べてみると、問題だった野外撮影の汚さが解消されている。

広場のような場所でもピンボケにならず、小鳥や鳩も鮮明に捕らえていて、期待していなかった望遠機能でバードウォッチング的なことも出来た。

IXY 30Sが得意としていた暗い室内での食べ物写真も、特に問題なく以前より明るく色合いも美味しそうに見える。


IXY 30SはF値2.0でIXY 640はF値3.6で、F値は小さいほど明るく優れているとされているので、室内で暗い写真になると予想していたが、むしろより明るくなった。

画像処理で修正して明るくしているのかもしれないが、結果がよければ問題ない。

という訳で、安くて画質がそこそこ良いコンデジを探している人には、IXY 640(あるいは650)はお勧めと言えます。

 

f:id:nonoty32a:20161225155452j:plain

f:id:nonoty32a:20161225155510j:plain