ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

吉野家 なにわ牛カレー鍋膳(大阪限定)を食べてみた


スポンサー リンク


f:id:nonoty32a:20161212171307j:plain

 

食べたもの なにわ牛カレー鍋膳=680円


冬は鍋メニューの季節

12月の中旬ともなると一年中暖かい大阪もさすがに寒風が吹きすさんできたり、冷たい雨が降ることもあるので、温かいものを食べたくなる。

気が付くと外食チェーンは申し合わせたように「冬の鍋キャンペーン」をやっていて、吉野家でももちろんやっていた。

牛丼チェーンですき焼きを始めたのは吉野家が最初で、すき家と松屋も真似し、食堂系の店もみんな同じようなすき焼きを展開しました。

 

道行く人も寒そうな鍋の季節

f:id:nonoty32a:20161212171416j:plain


牛丼チェーンがすき焼きに目を付けた理由は客単価の高さにあり、牛丼が頑張っても500円を中々超えない。

牛丼に味噌汁とかお新香とかトッピングを付けてやっと500円だが、すき焼きは最初から500円か600円で、セットだともっと高く売る事ができた。

夏に鰻のかば焼き、冬にすき焼きが牛丼屋の稼ぎ頭になったが、さすがに全部の店が始めたら飽きられてきた。

 

牛すき鍋が一押しメニュー

f:id:nonoty32a:20161212171458j:plain


そこで各外食チェーンは差別化を図り、松屋はキムチ鍋とかシチューに舵を切り、吉野家はご当地メニューを始めました。

今年の吉野家の鍋は定番の牛すき鍋膳650円の他に、大阪では「なにわ牛カレー鍋膳」680円というものがあった。

北海道限定の「北海道豚味噌鍋膳」の方が美味しそうだったのが、気を取り直してカレー鍋を食べることにした。

 

昼時はすごい混雑

f:id:nonoty32a:20161212172455j:plain


北海道味噌と豆板醤をブレンドし、深みのある後味を実現したらしいのだが、大阪はいつでも食べれるような「カレー」なのである。

いつものように南海難波駅から少し離れた大国町の吉野家に入ると、運悪くサラリーマンの昼食ラッシュアワーに当たってしまった。

空席などある訳がないのだが、その時奇跡のように2人掛けテーブルが空いたので、取られないように身体を潜り込ませた。

 

待つこと数分で登場し鍋の中は沸騰している

f:id:nonoty32a:20161212172622j:plain

湯気で撮影困難なほど熱々

f:id:nonoty32a:20161212172732j:plain

 

やや食べにくいが美味しい

こんな時に怯んだり、「一人で2人席を占領するのは申し訳ない」などと思ったら、ミナミでは負け犬になり路上生活者になるのである。

隣の4人席ではサラリーマンが仕事の話をしながら牛丼を掻き込み、他の部署のトラブルについて解決策を話し合っていた。

2人の熟女が給仕と片づけをやっているが、注文を聞きに来る様子はないので、呼び止めて無理矢理にカレー鍋膳を注文した。

 

肉がたっぷり入っている

f:id:nonoty32a:20161212172836j:plain


鍋膳は意外にすぐ出てきてすぐに食べれるほど煮えたぎっていたが、さらにコンロの火がついているらしく沸騰していた。

牛丼に匹敵する量の牛肉と、たっぷりの長ネギ、玉ねぎ、白菜、青物野菜などがたっぷり入っていて、一食で半日分の野菜が摂れるという説明にも納得できる。

牛すき鍋膳には生卵がついていたので、カレー鍋膳にも付いてくると思ったのだが、ゴマが添えられているだけで卵は無かった。

 

野菜もたっぷり補給できる

f:id:nonoty32a:20161212172916j:plain


小皿に分けてから食べるようになっているようだが、皿に分けてから丼のご飯と交互に食べるのは手間が掛かって面倒です。

自然な成り行きとして丼に鍋の中身を移してから、ご飯と一緒に食べることにしました。

鍋の中のうどんを先に食べてから肉と野菜を丼に移し、結局それも面倒になったので鍋から直接口に運んで食べる事になった。

 

うどんも入っている

f:id:nonoty32a:20161212173011j:plain


鍋物の欠点はこうした面倒くささにあり、それさえ無ければ具の量も多いしカレー味も美味しかった。

調理した後で器に入れて出してくれるタイプの方が、見た目はともかく食べやすい。

後やはり生卵があると嬉しかったのは事実。

 

カレー味のスープも美味しい

f:id:nonoty32a:20161212173115j:plain

f:id:nonoty32a:20161212173148j:plain

ランチタイムが終わったら誰も居ない

f:id:nonoty32a:20161212173231j:plain