ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

OCNモバイルONEで、ASUSスマホセットを買ってみた


スポンサー リンク


どちらも良かったが画面が大きいMAXを購入

f:id:nonoty32a:20161205010149j:plain

http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/set/?link_id=in_mobileone_navi_0031より引用

 

UQモバイルから申し込みを拒否される

外でブログを書ける環境にしたいと思いつき、色々な方法を検討した結果、格安スマホでテザリングするのが一番だという結論になった。

モバイルルーターに格安SIMを入れればPCを使えるのだが、問題はモバイルルーターの値段と用途のバランスだった。

モバイルルーターだけ在っても何も出来ないので、他にパソコンなりタブレッドを持ち歩く事になるが、結構な荷物になる。


テザリングできるスマホなら、スマホだけでも通信できるので、常時パソコンを持ち歩かなくて良い。

もう一つモバイルルーター+PCでブログを書くには問題があり、モニターが1枚しか使えない。

家では大きなモニターでいくつものサイトを見ながら、メモ帳で文章を書くのが自分のスタイルなので、外でも2画面は欲しい。


小さなモバイルPCのモニターではメモ帳とブラウザを同時に見るのは難しいので、閉じたり開いたりしなくてはならず作業効率が落ちる。

そこでスマホでニュースやサイトを見て参考にしながら、PCのメモ帳で文章を書けば2画面になると考えた。

主な目的はネット閲覧とブログ更新なので高速通信は不要で、格安SIMと格安スマホの組み合わせにしようとすんなり決まりました。


最初に狙いをつけたのはUQモバイルで、iPhone 5sが実質ゼロ円で毎月の利用料2980円が魅力だったが、申し込もうとして断念した。

自分はauを使っているのだが、auからのMNPだと毎月1000円か2000円増し料金になると書かれていて、どう読んでもauからの乗換えを拒絶しているのです。

これはUQモバイルがau系列だからで、他の「他社から転入割引」も一切適用されないので選択肢に入らなかった。

 

アマゾンと違って小さな箱で届く

f:id:nonoty32a:20161205011140j:plain

フタを開けるとこんな感じ

f:id:nonoty32a:20161205011222j:plain

説明書とSIMと端末が入ったケース

f:id:nonoty32a:20161205011306j:plain

 

OCNモバイルONEに決定

UQモバイルと同じようにYモバイルにも実質ゼロ円のiPhone 5sがあり料金も同じくらいだったのだが、興ざめして3大キャリアの別名ブランドは止めにしました。

確かにiPhone 5sは実質ゼロ円なのだが、言い換えると最初から料金が高めに設定されていて、「永遠に分割払い」しているような料金体系なのです。

UQモバイルは通話込みで1G2980円(キャンペーン中のみ2G1980円)でYモバも同じくらいだが、他の格安SIM業者よりかなり高めの設定になっています。


OCNモバイルONEではやはり音声つきで3G1,800円(キャンペーン中のみ1,100円)になっていて、UQやYモバのキャンペーン価格が、ほぼ通常価格になっている。

他に候補に挙がったのはサービスエリアが広く安定していて料金が安いと評判のDMMモバイルや、フリーテルなどでした。

最終的にOCNモバイルONEに決めたのは、ネット上のブログで購入者の多くが「OCNは低速プランでも速度が速い」と書いていたからでした。


もし500kbps低速プランでも評判どおり10倍の速度が出るなら、2,500円(税込2,700円)でネット使い放題にできる。

プランは月に一回無料で変更できるようなので、最初は3G1,800円(税込1,944円)で申し込んで、足りないようなら増量するか無制限プランに変更する事にしました。

12月はキャンペーンをやっていたので、最初の2ヵ月間は4GB1,100円(税込1,188円)が適用されると記載されていました。


スマホセットと別々に買う場合を比較したが、セット購入の方が少し安い上に分割払いにできるので、スマホセットを購入する事にしました。

ZenFone 2 Laser セットだと一括払いで1万7800円、分割だと月800円X24回で1万9200円なので1400円高く、年利3.9%という事になります。

実際に買ったのは一回り画面が大きい「ZenFone Max セット」で月1200円の24回払い、端末支払い中は月額3,000円支払い(税別)になります。

普通に買ったら年利17%は取られるので、この分割プランは激安と言え、お勧めです。

 

充電ケーブルなど付属品一式

f:id:nonoty32a:20161205011404j:plain

分かりやすいとは言えない説明書

f:id:nonoty32a:20161205011454j:plain

新旧大きさくらべ、左はHTC EVO 4.3インチ、右は5.5インチ

f:id:nonoty32a:20161205011606j:plain

 

申し込みから届くまで3日

一つ注意点としては携帯電話を分割払いで買うと、もし支払いが遅れたら「ブラック」になってしまい、全てのクレジットカードを停止されます。

端末分割払いで購入する人は、支払いは絶対に遅れないようにした方が良いです。

OCNモバイルONEのサイトから申し込むのだが、気になったのは最初に「goo Simseller」というgooのお買い物サイトの無料会員にならないと申し込みを拒否されます。


せっかく個人情報とカード番号を書いたのに、次に進もうとすると「受付できません」になり非常に落胆しました。

申し込みはクレジットカードのみで、Vプリカやデビッドカードは歓迎されていないようです。

申し込みを受け付けると免許証の写真をアップロードする画面に進むので、予めスマホなどで撮って用意しておきたい。


写真を受け付けると、簡単なメールが届いてあっけなく手続きは終了しました。

自分の場合は夜に申し込んで2日後に「発送しました」メールが届き3日目の昼頃に佐川急便が配達してくれました。

わかりやすい説明書がないので箱を開けてSIMカードを差し込み起動すると、初期入力画面が現われて動揺するが、実はSIMを差して電源を入れた時点で、既にネットに繋がっていました。


説明は「SIMはSIMの説明のみ」「端末は端末の説明のみ」で全体をどうするのかがどこにも書いておらず、格安SIM初心者はうろたえると思います。

自分は古いスマホを使って自宅WIFIで「戦国サーガ」というモバゲーのゲームをやっているので、早速ブラウザを起動させログインするが、予想外に反応も動作も悪い。

初期設定で「おせっかい機能」が山ほど詰め込まれて遅くなっているので、設定を色々変更する事で高速スマホに変える事が可能です。

設定などはまた次の機会に書きます。

 

格安SIMは初めてなので、SIMを入れる向きが分からずまごついた。

f:id:nonoty32a:20161205011845j:plain

説明書は見づらく、やってくれる店員は居ない

f:id:nonoty32a:20161205012012j:plain