ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

被害者多数の『リッチ商法』 ハイリスク投資に誘って破産させる


スポンサー リンク


「いかにも」なやらせ画像でも若者は信じてしまう

f:id:nonoty32a:20161113173718j:plain

http://buzzciao.link/uploads/buzziine004/11.jpgより引用(写真はイメージで記事の内容とは無関係です)

 

リッチな仲間達のリッチ商法

リッチ商法とかリッチビジネスとでも呼ぶべき怪しい商売がまた流行していて、多くの被害者を出しているようです。

NHKなどによるとツイッターなどのSNSで自身の豊かな生活ぶりをアピールして、釣られて連絡を取ってきた人を引っ掛けます。

よくネットや雑誌の広告で「私はこうして成功した」と体験談を書いて「ゴールドの財布」などを売っているが、あれと同じ宣伝手法と言っていいです。


ただし売っているのは2万円の金ぴか財布ではなく数十万円やもっと高額な投資ソフトのようなものです。

オレオレ詐欺に引っかかるのは高齢者と決まっているが、リッチ商法に引っかかるのは若者と決まっています。

「いかにも」な札束をピラミッド上を重ねた写真や、高級車を乗り回す画像を見て中高年は疑うが、若者は信じ込んでしまいます。


俺も数年前までキミたちと同じフリーターだったが『XXXX』を始めたおかげでこんなに成功できた、という文章が書かれている。

中高年の夜尿症や高血圧に効くという触れ込みの健康食品の売り方とそっくりだが、10代や20代前半の若者は人生経験が少ないので、本当なんだと思い込みます。

単に高額商品を売り込むだけならまだ良いのだが、多くは超ハイリスクハイリターンな投資に誘い込みます。


投資の一種にオプション取引があり、FX(為替金融商品)のバイナリーオプションのトレードツールを販売している場合が多い。

オプション取引には様々な形態があるが、どれも当たればハイリターンな代わりに、外れれば全て失う。

言うまでもなく当たるより外れる確率の方が高いので、参加者全員のトータルでは必ず負けることに決まっています。

 

オプション取引は投資家に損をさせる商品

リッチ商法で50万円以上で売られているトレードツールは、元は無料で配布されているものに手を加えるか、転売しているだけです。

USBやディスクにコピーしただけで50万円で売りつけ、高い確率で勝てる、儲かるなどと煽ります。

若者達に投資の知識はないが、売主がSNSで高級車を乗り回して贅沢をする様子を見て信頼するようになります。


投資ツールが悪質なのはゴミツールを50万円で買うだけでは留まらず、ツールを使って投資することで何倍も損失が膨らみます。

始末が悪いことにどんな投資でも「まぐれ」「ビギナーズラック」でたまに勝つことがあり、徐々に負けがこんで行きます。

たまに勝つので若者は「今は一時的に負けているが勝てるようになる」と思い、大抵は限度一杯まで借金をして投資します。


ぶっちゃけて言ってしまうとオプション取引はハイリスクハイリターンで、通常の投資より業者の取り分が2倍以上ある。

つまり業者は通常の2倍儲かり、投資家は2倍の速度で破産するのが「あらかじめ決まっている」商品です。

ボッタクリもいい所だが、、さらに若者はリッチ商法グループにそそのかされて、その気にさせられるのです。


オプション取引で儲けた人はほとんど存在しないのに、破産したという人は山ほど存在する、そんな物なのです。

ではこの取引ツールは何なのかというと、証券会社などが投資家に「これを使えば勝てるからお金を使いましょう」と言って騙す為のツールに過ぎません。

手動で取引して負けている人が、自動プログラムを買って勝てるほど、この世界は甘くないのです。


結局SNSで騙されてツールを買った若者達は、限度一杯まで借金して骨までしゃぶられて自己破産でもするしかないのです。

(投資や投機でも自己破産で大部分の免責などを認められる)