ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

白熱電球4個をLEDに交換した結果、月5千円の節約になった


スポンサー リンク


量販店で売られているLED電球に交換した

f:id:nonoty32a:20161029154125j:plain

 

電球交換の効果はあったのか

9月16日頃にメインルームの白熱電球4個をLEDに交換したという記事を書いた。

その後9月と10月分の電気料金の請求がきて、電気代がどのように変わったか結果が出たので報告してみたい。

 

2016-09-16
LED電球とダイソー電球の1年間のコスト比較


まず9月は378kWh使用で税抜き9,901円、去年は502kWh使用で税抜き14,392円かかっていたので、5,500円ほど安くなっている。

だが交換したのは9月半ばでエアコンも使用していたので、むしろエアコンの使用頻度の差で少なくなったかも知れない。

それに夏ごろからパソコン3台の稼動が少なくなったので、パソコンによる電気代減少効果もあったと思う。


10月は198kWh使用で税込み4,650円、去年の10月が372kWh使用で税込み10,465円だったので、6000円近くも電気代が少なくなった。

9月も5000円くらい去年より少なかったが、このうち何割かは白熱電球をLEDに交換した節電効果だと確信できた。

10月はいくら大阪でももうエアコンは使わないし、PC使用の節電効果はおそらく月に2千円以下だったと思う。


するとLED電球で月に4000円から5000円の節約だが、これは事前の計算とも、ほぼ一致していました。

前につけていたのは100均で売られていた100W2個で100円という格安電球で、一個当たり50円で2ヶ月以上は持ったので買い得だと思っていた。

28円/kwh(税込み)で計算し1日16時間点灯、1時間つけて11.2円、1日179.2円、1ヶ月で5376円、1年で6万4512円も払っていた事になります。

 

以前のはこれの100Wタイプ

f:id:nonoty32a:20161029154721j:plain

 LEDに交換した9月から、去年と比べて電気代が大きく下がっている

f:id:nonoty32a:20161029160208j:plain

 

電球交換だけで電気代が5000円安くなった

電球4個の電気代が年間約6.5万は「まじかよ」と呟きたくなるレベルでした。

交換したLED電球は60W相当と書かれているもので、明るさ810 lm(ルーメン)、消費電力7.9W、寿命は4万時間と書かれていました。

この明るさなのですが交換してみると白熱電球100Wより遥かに明るくて、目が痛くなるほどで、40Wにすれば良かったと思っています。


LEDに交換するときは「明るすぎる」のに注意が必要です。

60W相当LED電球は消費電力7.9Wなので電球4個を1時間つけて0.8848円、1日16時間で14.1568円、1ヶ月で約424円、1年間で5167円になります。

ダイソー100Wは1ヶ月で5376円、1年で6万4512円だったのでほとんど「電気代無料」といっても良いレベルです。


電球代4個で5968円ですが寿命4万時間なので6年は持ち、月に約83円(4個で)になり、合計しても月に510円にしかなりません。

さらにこれほど電気料金が減少すると契約にもよりますが、うちの場合は料金ランクが下がり、28円/kwh(税込み)から23.5円/kwh(税込み)になりました。

毎月の電気料金がLED電球に交換したことで、約4000円から5000円下がったと考えても間違いないと思っています。


もし効果がなかったら電球代6000円が無駄になるので嫌だったのだが、ネット情報を信じて交換して正解でした。

うちは4個の電球を16時間つけっぱなしだったが、電球数が少なくて使用時間が短かったら、LED電球購入代の元を取るまで時間がかかるでしょう。

自分の使用状況によって電気代がどうなるか計算すると、効果的に節電できそうです。