ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

今もあるスキミング被害 ATMで暗証番号ごと抜かれる


スポンサー リンク


やられたのは多分こんなタイプ

f:id:nonoty32a:20161003153440j:plain

http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1303/06/ike_130306skimming05.jpgより引用

 

ナイジェリアでネットショッピング?

2016年5月に全国17都府県で一斉に、18億円が不正に引き出される事件がありました。

山口組などの暴力団や海外ハッカーが関与していたそうで、100人前後が逮捕されています。

使われたのは偽造されたクレジットカードで、利用者個人への被害はなかったが、カード情報を盗まれる事件が多発している。


今年8月にはPCデポというパソコンショップで、高齢者を騙して不要な契約を結ばせたのではないか、という騒動がありました。

一連のネット上の告発の中で、その店でクレジットカードを使ったら、店員がカードを持って店の裏で何かをしていたというものがあった。

その後店で使用したカードが不正利用され、実に覚えが無い契約や買い物を請求されたと、ネット上で話題になっていました。


事の真相は未だに分かっていないものの、カードをスキミングしている店やATMは現実に存在しています。

なぜなら私自身がその被害者だからで、ある日カード会社から電話が掛かってきて、お姉さんから「ナイジェリアからインターネットで買い物をしましたか?」と言われた。

アフリカを旅行する金があったら新しい電動アシスト自転車が欲しいのだが、それはともかく身に覚えがなかった。


お姉さんは「カードを不正利用されたようですね」と言って後日新しいカードが郵送されるまで利用できなくなった。

不審なネットショッピングの前にそのカードを使ったのは数回あったが、全ていつも行っている店だけだった。

使ったのはイオンとかスーパーとか、行きつけのパソコンショップだけだったが、一度だけファミマのATMでお金を引き出した。

 

スキミングに気をつけろ

思い当たるのはファミマ某店舗のATMに、スキミング装置が取り付けられていた可能性だけだった。

この手の手口は数年前に大騒動になったが、その後テレビやニュースで言わなくなったので、無くなったのかと思っていた。

ネットで調べると下火にはなったものの、その手の連中はまだまだ活躍しているようです。


特に危険なのは今回のような「コンビニATM」で別にファミマだけでなく全てのコンビニが危ない。

店員は居るがバイトで、ATMだけに注意しているわけではなく、装置を取り付ける隙はいくらでもある。

犯人はカードの差込口に読み取り装置をつけるが、機械と一体化した見事な出来栄えで、専門知識がないとまず気づかない。


暗証番号は上の方に小さいカメラを取り付けるが、これも「明細用紙入れ」に成っていたりして、不自然さをなくしている。

銀行ATMなら大丈夫かというと、銀行員や警備員が常駐しているなら良いが、ほとんどのATMは無人になっている。

コンビニよりは警戒しているというだけで、仕掛けようと思えば可能な筈です。


次に危険なのは某PCショップのように「カードを渡したら店員が奥に引っ込む」店でスキミングされても分かりません。

特に小さい店で多い気がするが、こんな場合は店員を怒鳴りつけてでも止めるしかない。

カードを店の奥に持っていかれたらもうお仕舞いなので、その店では買い物をしてはいけない。

制止する事でたぶん店員とトラブルになるが、自分の身を守るほうが重要です。