ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

投資のプロやプロディーラーに学んでも、投資に勝てない理由


スポンサー リンク


セミナーで偉そうに教えているプロディーラーに、投資で勝っている人なんか一人も居ません。

f:id:nonoty32a:20160927145442j:plain

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/000/135/32/N000/000/000/nomura01.JPGより引用

 

投資は最も難しいスポーツ

世の中には会員を騙して金を手にするという、共通点を持った会員商法がかなり多い。

例えばパチンコの「必勝法」を指南したり、競馬の勝ち馬を教える会員制クラブの広告を見て「あほか」と思った人は多いでしょう。

だがこれらをイカサマと決め付けている人も、「必ず儲かる投資」という本を読んで、どこかの会員になっていたりする。


言うまでもなく投資は負ける人が9割居るから、1割の人が儲かるので、絶対勝てることは、絶対ない。

それは例えば10人の自分がカードゲームで戦って、一人の自分だけが勝つようなものだと言った投資家がいました。

自分が努力すれば他の参加者も努力し、自分が勉強したら他の人も勉強し、自分が借金までして元手を用意したら、他の人もそうしている。


どこまでいっても投資には絶対的な優位性がないので、必ず勝つ方法はないという事です。

一部の人は神から与えられた天才的な才能で勝ち、テレビに出てくる「カリスマ投資家」はだいたいこのタイプです。

一時期有名だったBNFという人は、ロボットなんじゃないかというくらいキーボードを打つのが速かった。


別のCISという人はネットゲームで日本一のゲーマーで、パチスロの出目が「止まって見える」そうです。(本当かは知らない)

彼らは何らかの才能を生かして勝っているので、イチローが野球で勝てるのと同じで、我々の出番はない。

バフェットという人は子供の頃から株ディーラーの父親から英才教育を受けて、小学校の時から投資をしていました。


投資にはクラス分けが無いので、初心者がバフェットやBNFといきなり対戦する訳で、9割9分9厘まで勝てる筈がありません。

小学1年生がグラブとバットを買って、プロ野球選手と対戦し、負けたら金を取られるのが「投資」なのです。

初心者や素人がプロに勝つ方法なんか、絶対にないのをまず、知らなければなりません。

 

プロの正体

ところが競馬でもパチンコでも投資でも、勝っていないのに「プロ」を名乗って活躍している人が大勢居ます。

自分の金ではぜんぜんパチンコをしない「パチプロ」がテレビで活躍し、競馬で勝った事がない新聞記者が競馬予想をしています。

投資プログラムを売っている連中は、そのプログラムで勝てないから売っているのです。


儲かるプログラムがあるなら、他人に売るより自分で独占するほうが、遥かに儲かるからです。

投資の手法を手ほどきする「元プロディーラー」は大抵、大損失を出して会社を首になった人たちです。

プロディーラーを名乗っている人が普段している仕事は、たんなる「取次ぎ業務」に過ぎません。


お客さんから電話が掛かってきたら、希望に沿うような銘柄をチョイチョイっと購入して利ざやを稼ぎます。

その際事前に自分で売り買いしておくと、小遣い稼ぎができるので、それで儲けています。

例えばAという銘柄を自分で買い、続けて客の要望でAを買えば、自分は儲かり客は損をします。

 

素人以下のプロディーラーが存在する世界

客に偽情報を教えて自分が儲けたり、こういうこすっからい事をやっているのが「プロディーラー」なので信用したら裏切られます。

ある「為替の神様」は自分がどうやって儲けてきたかを著書で自慢したが、その内容は酷いものだった。

日銀が為替介入するときに自分に電話が掛かってくるので、日銀の指示に従って買い進めれば、必ず儲かって笑いが止まらない。


政府や日銀と深いパイプがあるとこうやって儲ける事も出来、もはや投資の能力は必要ない。

こんな連中が引退後に「投資セミナー」を主催して、絶対勝てる投資法を教えているのだから、呆れてしまう。

本業の投資の能力なのだが、入社以来一回も通年で利益を出した事がない「プロディーラー」が多数存在しています。


それでも取り次ぎ業務や政府の指示通り買えば、銀行や証券会社の利益は出るので、プロで通用するのです。

彼らは投資に関する知識は豊富で、投資アドバイザーやプランナーとしては有能だが、自分で投資して勝った事は無い。

こんなセミナーや会員にお金を払うくらいなら、いっそ投資をやめた方が良い。