ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

名義貸しで加害者になる被害者が多発 借金を背負わされる


スポンサー リンク


名義貸しは貸すほうも犯罪なので、被害にあっても泣き寝入りが多い

f:id:nonoty32a:20160916173227j:plain

http://www.mbs.jp/news/kansai/20160913/thm_00000065.jpgより引用

 

「ボーン・トゥ・ラン」名義借りローン

身に覚えのない自動車ローンの請求書が届き、数百万円から1千万以上の支払いを求められる事件が多発している。

滋賀県の中古車販売会社「ボーン・トゥ・ラン」に名義貸しをした人たちに、ローン会社から多額の請求をされ、被害者が集団告訴している。

記者会見によると代表者は同社の20年来の顧客で、「海外に転売するので名義を貸して欲しい」と言われて了承し、2回名義貸しをした。


2015年8月に名義貸しをしたとき、ローン会社から確認の電話が来て、クレジット会社の意思確認に「はい」と答えた。

2016年8月に「ボーン・トゥ・ラン」は経営破たんし、1000万円以上の自動車ローンの請求が自分に降りかかってきた。

「ボーン・トゥ・ラン」は2015年から経営危機に陥り、自社名義でローンを組めなくなったので、名義を借りて借金をし、自転車操業していた。


代表者は少なくとも名義貸しを了承していたが、告訴したなかには、名義貸しを断ったのに、勝手に名前を使われローンを組んだ事にされた人が居た。

自動車を購入したときの個人情報などを利用して、本人に無断で名義をつかっていた可能性もある。

特殊な例のようだがこうした名義貸しは気軽に行われてて、犯罪の自覚がないまま協力している人が多い。


被害者79人には200万から1840万円の請求が来ており、購入した自動車は転売されて換金したとみられている。

滋賀県警では名義貸しを了承していた人が多いので、慎重に捜査を進めるとしている。

法律には「名義貸し」なんてものは無いので、残念だが了承した時点でその人の借金になるのは当たり前です。

 

名義貸しは重大犯罪

「ボーン・トゥ・ラン」の被害者は総額5億円以上に達していると思われ、社長は行方不明で連絡が取れない。

ところが世の中には名義貸しは犯罪という意識も持たず、気軽に名前を貸す人が多いのだという。

名義を貸した被害者の中には、ローンで新車を仕入れ、海外に転売したら利益を渡すと約束されたケースもある。


こうなると被害者どころか共犯になってしまい、被害を訴えるのも難しくなり、泣き寝入りしている人も多い。

同業の中古車販売店では、中古車を購入時に提出してもらう、免許証のコピーや口座申込書、印鑑があれば勝手にローンを申し込めると話している。

名義を無断利用されるのではなく、了承して名義を貸す人は、一体どんな神経で貸しているのだろうか。


まず友人や知人、親類など断りにくい関係の人から依頼され、止むを得ず了承する場合がある。

止むを得なくても名義貸しは犯罪なので、借金の返済義務は名義を貸した人にあります。

滋賀県警が及び腰なように、名義を貸したがお金が支払われず、請求書が自分に来て訴えても、警察は相手にしません。


名義を借りる人はそれを見越したうえで、最初から騙すつもりで話を持ちかけます。

借りた金額の数パーセントを報酬として渡す約束をして、名義を借りる業者も存在しています。

だがそんな「約束」に契約書を交わす人は居ないので口約束、守らなくても名義を貸した人は訴える事ができないし、訴えても相手にされない。

 

名義を貸しただけで刑務所行きもありえる

ローンで買った自動車はすぐ海外に転売され、イスラム国とかアルカイダとか、メキシコのマフィアに渡ります。

そういうところは日本の警察の手が及ばず、インターポールも手を出せないので安心です。

それに名義を貸した人は、ローン会社を騙した「加害者」であって被害者ではないので、ほとんど訴えません。


さらに、自動車の場合500万とか1000万とか高額の場合が多いですが、名義貸しがばれた時点で一括返済を要求されます。

名義貸しは規約違反の上に犯罪なので、名義を貸した人は下手をすると告訴されて、自宅や銀行預金などを差し押さえられます。

もちろん会社にばれたら懲戒免職だし、下手をすると詐欺罪で刑務所いきです。


手軽なバイトとして名義貸しを誘う人間もいて、たいていは反社会組織や裏社会の人間です。

また裏社会の人間は自分でリスクを犯さずに、バイトに勧誘させて名義貸しのバイトを募集します。

どっちが捕まっても自分だけは安全な場所に居て、お金だけを手にして借金は押し付けます。


名義を貸した人は、被害者なのに加害者になっているので、借金だけを背負わされて警察から逃げる人生を送るのです。

さらに名義貸しをした事で脅迫され「警察に通報されたくなければ数百万円払え」と言われる場合もあります。

法律上は名義を貸した人が、ローン会社を騙した「犯人」なのでこうなります。