ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

挽いたコーヒー豆の保存法 小さい瓶に変えると美味しい?


スポンサー リンク


左が以前使っていた大きい瓶、右が小さい瓶だが、どちらもダイソーで108円

f:id:nonoty32a:20160903151010j:plain

 

瓶の大きさで味は変わるのか?

以前、「コーヒー豆を挽いた後の保存法は冷凍が簡単」という記事を書いたが、さらに改良を加えてみた。

要約すると挽いたコーヒー豆は超絶酸化しやすく、どうやっても劣化は避けられない。

だが飲む前に毎回豆を挽くのは、面倒くさくてしょうがないので、何とかしたという事でした。

 

小さい瓶はフタを開ける回数が少ない上に、瓶の中の酸素も少ないので、酸化が遅い筈

f:id:nonoty32a:20160903151210j:plain


調べて分かったのは常温で缶や瓶に入れて保存しても、1週間でだめになってしまう。

実際自分はこうやっていたのだが、200gの挽いた豆を買って来ても、3日くらいで味が代わり始め、1週間で不味くなった。

豆は最近ドトールの870円のブレンド豆を挽いてから購入していて、スーパーのより断然美味しい。

 

粉は同じドトールので挽き方も同じ

f:id:nonoty32a:20160903151326j:plain


だが最初の味を保っているのはせいぜい2日間で、3日で味が代わり、1週間で不味くなった。

一日1杯のペースなので200gだと20日間持つのだが、15日目くらいからは、もうインスタントやスーパーの豆の方がマシになる。

挽いた豆を冷蔵庫で保存するのは最悪で、冷蔵庫の悪臭が豆に染みこむ上に、湿気を吸って常温より早く酸化すると書いてあった。

 

挽いた豆を常温で保存すると3日くらいで味が悪くなる

f:id:nonoty32a:20160903151429j:plain


ネット上で見かけたコーヒーのプロによると、挽いた豆は冷凍するのがベストだと書いてあった。

さっそく瓶に移した後で冷凍室に保管してみると、確かに常温よりかなり劣化が遅くなった。

常温では10日目ごろから「何これ不味い、ウエッ。」となったが、冷凍室だと最後まで飲めるレベル。

f:id:nonoty32a:20160903151509j:plain

 

小さい瓶のほうが確実に美味しい

だが冷凍室に保管しても、挽きたてのコーヒー豆特有の、お湯を注いだときの「ふくらみ」が最後の方になると失われてしまった。

瓶に入れた粉は湿っぽくなっており、水分を吸ったのだろうと推測できる。

フタを開けたときに空気が入ってきて、一緒に水分も瓶の中に入るから、必然的にフタを開けるたびに湿気ていく。

f:id:nonoty32a:20160903151605j:plain


それでも冷蔵室より長持ちするのは、温度が低いので粉が水分を吸い込みにくいからだと、説明されている。

ふと気づいたのは、瓶が大きいから中に空気が多く入り、早く湿気て早く酸化するのではないかという事だった。

瓶が大きいから例えば20杯分の粉を保存していたら、必ず20回開けるので20回分酸化する。

 

買ったばかりの豆はこのように膨らむ

f:id:nonoty32a:20160903151639j:plain


小さい瓶で10回分しか粉を入れなかったら、10回しかフタを開けない上に、瓶の中の酸素が少ないので酸化しにくい筈だ。

こう考えてさっそくダイソーで小さい瓶を2つ購入してきました。

実際には200gの挽いた豆を入れるには、小さい瓶が3つ必要だったのだが、3つ目は大きい瓶で代用した。

f:id:nonoty32a:20160903151740j:plain


そして20日間が経ち、確かに大きい瓶1つよりも、小さい瓶に分けて保管したほうが、最後まで美味しく飲めるのを確認した。

「美味しい」というのは曖昧なのだが、お湯を入れたときの粉の膨らみ方が全然違った。

一つの瓶で保管したときは、最後の数日はまったく膨らまず、飲めたものではなかった。

f:id:nonoty32a:20160903151811j:plain


大きい瓶の時は、最後はただ苦いだけでコクが無いのに味も無く、焚き火の墨みたいな味だった。

だが小さい瓶では最後の1杯まで「膨らみ」を維持したうえ、ちゃんとしたコーヒーの味がした。

「最後の一杯まで美味しく飲めた」というのではなく、劣化の進み具合が遅くなり、不満が少なくなったと言った方が良い。


この実験は目的を達成し、成功に終わったと言えるでしょう。

 

冷凍室のポケットにちょうど収まる

f:id:nonoty32a:20160903151831j:plain

以前は大きい瓶だったので、フタを開ける回数が多くはやく水分を吸ううえに、瓶の中の酸素が多いので、早く酸化していた

f:id:nonoty32a:20160702153503j:plain