ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

最良の投資は借金を減らす事 ノーリスクで高金利の恩恵


スポンサー リンク


自己破産は知られているが、その他の債務圧縮は知られていない

f:id:nonoty32a:20160614161802j:plain

http://saimu4.com/wp-content/uploads/2015/06/zyutakulonatoku.jpgより引用

 

世の中で最も有利な投資とは

世の中には色んな投資が溢れていて、NISAとか金融投資をしてる人も居ると思います。

株式投資とかその手の投資で期待できる利益は、年10%をコンスタントに超えたら、かなり上手いとされています。

年平均5%でもかなりの投資上手と言え、世の中の平均ではマイナスの人の方がずっと多い。


証券金融投資だけではなく、不動産投資でも10%が一つの目安とされています。

試しに不動産投資物件の紹介サイトを見ると、期待できる利回りが書いて在るが、最高で20%台です。

10%台なら高い方で、税金や経費を引くと一桁が大半というところです。


すると世の中の投資の大半は、成功しても利益は年10%程度か、一桁しか期待出来ない事になります。

とすれば借金をして投資をするのは、借金の金利にもよるが割に合わない話です。

個人が借りれる銀行ローンは年10%程度、クレジットカードでは年16%も取られます。


事業用ローンは個人でも借りれて金利は年3%以下ですが、保証人や年収、担保など審査が厳しいので難しい。

自分が住む為の住宅ローンはそれより借りやすいが、投資資金への流用はできません。

低金利で借りれる場合を除くと、10%以上の金利を払って借金しても、利益が出るはずが無いのが分かります。

 

借金を減らす事が最高の投資

期待できる利益率10%程度なのに、借金の金利で10数%払っていたら、ジリ貧でいつか破産します。

よくある事ですが、借金してアパート経営やマンション投資して、10年後に計算したらコンビニのバイトしたほうがマシだったというケースです。

いやコンビニのバイト以下でも儲かれば良い方で、必死に頑張った結果がマイナスでは目も当てられません。


まず借金がある場合は『借金をなくす事が最高の投資』だと気づく必要があります。

住宅ローンや事業ローンは3%とか5%だったりしますが、多くの場合は16%くらいの金利を払っていると思います。

もしクレジットなどの残高が100万円あったら、毎年16万円の金利を支払っています。


たった6年間、クレジットを払い続けるだけで借金と同額、この場合は約100万円余計に払っています。

すると逆に考えれば、今在る高金利の借金を返してしまえば、利回り16%の投資をしたのと同じ結果になります。

投資をした人なら分かりますが、毎年16%の利回りを必ず上げるには、死ぬほど考えて努力する必要があります。


対して借金を減らすのは元本を振り込むだけで、失敗リスクはありません。

だが「返せる借金ならとっくに返してる」、返すお金の余裕が無い人が多いでしょう。

返さなくて済む借金は返さなくて良いようにするのも一つの方法です。

 

どうやって借金を減らすか

『自己破産』という制度がかなり知られてきていますが、これは破綻した人の最後の手段の意味合いが強い。

自己破産以外にも、返済が困難だったり、生活が苦しい場合には、個人再生・特定調停・任意整理などの制度があります。

どれも借金全額は払えないから、圧縮してもらうという事で、任意整理は支払い不能に陥っていなくても、申し立てが可能です。


話は変わりますが『昭和の歌う不動産王』と呼ばれた千昌夫さんは、最盛期に3000億円の資産を持っていました。

ところがバブル崩壊で逆に3000億円の借金を抱えましたが、今は見事に返済し借金ゼロになっています。

3000億円返済したのではなく、債権者と話し合ってほとんどを放棄してもらい、民事再生法で1億5,000万円まで棒引きされた。


地方営業や歌番組で歌を歌って1億5千万は返済したそうですが、3000億円はチャラです。

借金とはこういういい加減なもので、「値引いてくれ」と堂々と申し入れると、結構値引きするものです。

もちろんその際は弁護士か行政書士に依頼しますが、1社あたり数万円の手数料なので、借金が100万円以上で生活が困難ならやる価値はあります。


貴方が踏み倒しても、大手サラ金や大銀行は決して倒産しないので、電車に飛び込むよりは債務整理しましょう。

借金を減らす事はもっとも有効な投資法で、収入が同じでも自由に使えるお金が劇的に増えます。

必死に頑張って借金を返す人も居るし、全額返すより借金を圧縮するのも、一つの選択肢です。