ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

ハンバーグ&かに入りクリームコロッケ びっくりドンキー道頓堀店


スポンサー リンク


f:id:nonoty32a:20160613161535j:plain

 

たべたもの ハンバーグ&かに入りクリームコロッケ=791円(税込み)


カニ道楽横に移転

南海難波駅からほど近い道頓堀川に沿って道頓堀通りがあり、中ほどの場所にびっくりドンキーがあります。

というよりは「かに道楽」の動くカニの隣り、と言った方が遥かに分かり易いです。

近くには食い倒れ人形とか、グリコの看板、阪神が優勝したときにファンが飛び込む橋などもあります。

f:id:nonoty32a:20160613161709j:plain


この辺はただでさえ混雑していたのに最近は、中国人観光客+韓国人観光客+欧米人も加わりました。

もちろん大阪人や田舎から出てきた日本人も居て、イメージとしてはアリの巣の中のアリになった気分です。

当然この付近の飲食店は、「よほど不味くない限り」激混みが当たり前になっています。

f:id:nonoty32a:20160613161805j:plain


びっくりドンキーは以前もっと西よりだったと思いますが、いつの間にかカニ道楽横に引っ越していました。

そのうち行こうと思いながらも、その付近に行くと混雑にビビッてしまい、空いている方に引き返していました。

今回は「平日の午前中」という最も空いているタイミングを狙って、昼の12時前に入店しました。

f:id:nonoty32a:20160613161846j:plain


さすがに客が並んでいるような事は無く、4人用テーブルに一人で案内されました。

店内は外から見えるより広く、地下室があって迷路状になっています。

周囲が見渡せないのはプライバシー保護と騒音防止に役立っていて、割と静かで落ち着いた空間になっています。

 

地下に通される

f:id:nonoty32a:20160613162049j:plain

隠れ家的な空間が広がっている

f:id:nonoty32a:20160613162148j:plain

 

12時前は空いている

入店したときは、周囲には一人も客が居なかったのだが、12時を過ぎると続々と入ってきたので、やはり昼以降は混むようです。

道頓堀で飯食うなら12時前に入るのがベストの選択なようです。

注文したのは「ハンバーグ&かに入りクリームコロッケ」で理由はカニ道楽の隣りだったからです。

あとランチで最も安いメニューだったのと、コロッケが付くので写真写りが良いと感じました。

 

大きなメニューを広げてくれる

f:id:nonoty32a:20160613162301j:plain


皿の上にハンバーグ一個が「ドン」と乗っていても、どうしても安いハンバーグとの違いを写真で出せません。

入店したときに女性が席まで案内し、暫くすると水を持ってきてメニューを広げるのだが、ファミレスっぽさが溢れている。

メニューなんか自分で広げられるのだが、そこをわざわざ広げてくれる辺りが「サイゼリア」とは違います。

 

味噌汁と大皿が到着

f:id:nonoty32a:20160613162406j:plain


メニュー表もざっと見て791円のランチが最も安く、普通は1000円以下で食事をする店ではないようです。

セットは800円台があるのだが、それはドリンクなしなので、コーヒーを注文すると1000円を超えます。

昼飯で約800円は予算ギリギリだったので、130円で追加できるらしいコーヒーは注文しませんでした。

 

少なく見えるが皿が大きいので、実際は結構多い

f:id:nonoty32a:20160613162529j:plain


待ち時間は少し長かった気がするが、それでも10分以内に出てきたと思います。

大きな皿にハンバーグ、コロッケ2個、ライス、大根サラダが乗っていて、大きな器に味噌汁が付いてきます。

ハンバーグとコロッケを一口ずつ食べてみるが、どこかの「サイゼリア」とは全く異次元のハンバーグです。

 

かにクリームがとろけるような美味さ

f:id:nonoty32a:20160613162636j:plain

 

ちゃんとした肉のハンバーグ

当然ながらレトルトではなく、ちゃんとした肉で出来ているので、食べた時の「ゴムっぽさ」などが無い。

カニクリームコロッケも、高級コロッケ特有の、中身がトロリと溶け出してくるような柔らかさだった。

サイゼリアはサイゼリアで良いんですが、ぶっちゃけレトルトと本物の違いです。

 

本物の肉でつくった本物のハンバーグだ

f:id:nonoty32a:20160613162803j:plain


味噌汁も「味噌チューブ」をお湯に溶かしたのではなく、店で作ったもので、油揚げやワカメが入っていた。

中国語や韓国語の看板をかけていないせいか、この辺では外国人が少ないのも静かで良かった。

今度来るときはディナーセットで、ドリンクも注文してみたい。

 

かに道楽の隣りに恥じない、かにクリームコロッケだった

f:id:nonoty32a:20160613162941j:plain


びっくりドンキー道頓堀店
ハンバーグレストラン

大阪市中央区道頓堀1丁目6―15