ミトランブログ mitra brog

マネー、ニュース、旅

水素水商法を巡る混乱 ただの水でガンが予防できる?


スポンサー リンク


残念ながら水素水で活性酸素が撃退できる事はない

f:id:nonoty32a:20160610144408j:plain

https://i.ytimg.com/vi/swWP2s2F2Ew/maxresdefault.jpgより引用

 

水素水でお肌すべすべ?

水素水のCMを見ても「水って水素なんじゃないの?」としか思わないのだが、世の中は水素水ブームらしい。

確か東北の地震の頃には既に、かなりのCMが流れていた気がするが、なぜブームなのだろうか。

実は「健康に良い」とか「ガンの予防になる」という怪しげな情報で売れているらしい。


芸能人を起用したCMやステマも横行し、『肌がすべすべになった』などとブームを盛り上げている。

片岡愛之助、藤原紀香夫妻は水素風呂を楽しんでいるというが、おそらく商品を提供されて宣伝しているのでしょう。

身体に良いという科学的根拠はなにもなく、活性酸素を退治するという売り文句もでまかせです。


2007年に水素の抗酸化作用が発表され研究が進められているが、水を飲んで人体に効くという研究はない。

実験室の環境で水素水を活性酸素に加えて反応を確かめたところ、抗酸化作用が認められました。

これと「水素水を飲む」事に関係はないのだが、健康食品メーカーは「水素水でガンが治る」と大々的に売り出している。


研究では水素水を口から飲んでも、人体内の活性酸素が減少することは無く、何の効果も認められていません。

医療に水素水が利用された事も無く、ガン患者に水素水を飲ませたり点滴している事もない。

医薬品として認可された商品は存在せず、医学会は水素水を完全に否定しています。

 

「ただの水」をガンが治る水として販売

国民生活センターは2つの水素水生成装置をテストし、飲用による効果なしと結論づけています。

市販されている水素製品は生活センターがテストした類似品であり、ペットボトルの水素水も水素を混ぜてあるだけです。

水に炭酸を混ぜれば炭酸水になり、水素を混ぜると水素水になり、それでお肌がすべすベ、ガンが予防できるという。


食品安全委員会という機関が健康食品の安全性の指標として、次のような項目を推奨しています。

「複数の研究で支持されている」「研究だけでなく論文報告されているか」「人体で研究しているか」「体験談ではなく、研究されているか」

水素水が効果があると主張する人は、体験談と研究発表しかないので、安全性や信憑性が極めて低い。


たとえば論文偽造で話題になったSTAP細胞は研究はしたが論文は偽造でした。

論文が発表され、多くの研究者が支持しているなら、それは信頼できる事になります。

まして体験談とか藤原紀香の「お肌がすべすべになった」程度では信じる事ができません。


水素水を研究している人は居るし、効果があると言っている研究者は居るが、多くの研究者に認められては居ない。

医薬認可を受けた水素水はないので、日本の医学会も認めていません。

そんなものを事実上医薬品のように「活性酸素を退治する」「水素水でガンを予防できる」と販売するのは、典型的な買ってはいけない商品でしょう。