ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


大阪日本橋の中古レコード・CDショップ

f:id:nonoty32a:20160521150048j:plain

 

レコード店が増えている

以前から中古CDを扱う店はあったのだが、どちらかと言えば「昭和の消え行く文化」みたいな風情だった。

レコード店は一軒消え二軒消えという感じで、、ほとんど無くなるのは時間の問題と思われた。

だが気がつくと薄汚い感じの中古レコード屋が何軒も増えていました。

 

オタロード裏手にあった店「サウンドパック」

f:id:nonoty32a:20160521150258j:plain

f:id:nonoty32a:20160521150332j:plain


この手の中古レコード店は、例え新装開店でもなぜか外観から古そうな感じで、中に入るともっと古い。

ある店ではおニャン子クラブや光GENJIのライブDVDを流していて、完全に時間が止まっていました。

中古レコード店には大手というほど大きな店舗は無く、こじんまりした店の奥には、必ず不機嫌そうな親父が作業している。

 

K2レコードはなんさん通りの方にある

f:id:nonoty32a:20160521150422j:plain

f:id:nonoty32a:20160521150538j:plain


新譜レコード(がそもそも無くなったが)と違って中古屋は仕入れから販売まで手作業なので、大資本が進出してこない。

アナログレコードは世界的に販売が増えていて、中古レコードの販売数も増加傾向にある。

欧米ではネットで中古レコードを販売するのが主流だが、日本では店舗型も人気を得ています。

 

堺筋沿いのディスクJJ

f:id:nonoty32a:20160521150601j:plain

f:id:nonoty32a:20160521150633j:plain


そしてアマチュア音楽愛好家が、脱サラして中古レコード店を開業する例が増えている。

むろん田舎では成立しない隙間商法なので、大阪のような大都会に店が集まり、店が増えるとファンも集まる。

日本橋周辺でざっと歩いただけで、10店舗くらいは中古CDや中古レコードを扱っていました。

 

にっぽんばし道楽、以前はDVDが多かった

f:id:nonoty32a:20160521151101j:plain

f:id:nonoty32a:20160521151138j:plain

 

音楽好き親父の趣味の店?

「アナログレコード」と看板を掲げている店が多いが、店に入ってみるとCDが多く、アナログ版の数はそれほど多くない。

アナログレコードは(一部を除いて)もう生産していないから当然で、ちょっと懐かしい90年代のCDが大量に置いてある。

どの店も周辺のアニメやフィギュアショップに比べると客は少なく、「果たして儲かるのだろうか」という疑問も沸く。

 

小さなCD屋、昔のアイドル重視

f:id:nonoty32a:20160521152024j:plain


中古レコード類の良さは既に生産されていないことで、供給量は今後絶対に増えないので値下がりもしない。

在庫を抱えてもいつか売れれば良いわけで、その点は値下がりが激しいアニメやフィギュアより良い。

アナログLP版の価格は安いので800円、高いので4000円以上で、価値のあるものは当然もっとします。

 

店の看板も商品と同じくらい古そう

f:id:nonoty32a:20160521152131j:plain


中古レコード店はおそらく販売より買い付けのほうが大変で、1枚平均1000円としても、1千枚あったら100万円掛かります。

1000円で仕入れて2000円で売れても、かなりの経費がかかるので、大儲けにはならないでしょう。

それでも店舗数がじわじわ増えているのは、音楽好きの趣味が高じてやっている人が多いのかと思います。

大阪が中古レコード・CDショップのメッカになれば、それはそれで面白い。

 

店頭に積まれた段ボール

f:id:nonoty32a:20160521151303j:plain

細長い店内にギッシリ並んでいるのが定番

f:id:nonoty32a:20160521151357j:plain

ほとんどの店は気持ち良いほどがら空きだった

f:id:nonoty32a:20160521151521j:plain