ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


低収入の女性ほど婚姻率が高い 女子力より無職が強い

f:id:nonoty32a:20160331153034p:plain

http://www.newsweekjapan.jp/stories/2015/09/01/save/maita150901chart2.pngより引用

 

稼ぎすぎた女性は結婚しない

男女を問わず結婚したい人は婚活とかに励んでいるが、キャリアを上げてスキルアップすると女性は逆効果になるかもしれない。

総務省は就業構造基本調査というものの中で、職業別男女別の未婚率、逆に言えば婚姻率を調査しています。

2012年調査と最新ではないが、傾向は現在も変わっていないと思います。


『就業構造基本調査』によると収入別では、男性は高収入なほど未婚率が低く、女性は高収入なほど未婚率が高かった。

未婚率調査の対象は一生の間に一回も結婚しなかった人で、一度結婚すれば離婚しても未婚ではありません。

男性の場合、年収1000万円以上の未婚率は僅か5%以下で、700万円超だとほとんど変化が無くなります。


高収入な男性の95%は、ブサイクだろうと体臭が臭かろうと、ハゲだろうと結婚できています。

年収500万円でも未婚率は15%だが、400万以下だと急激に上がっていき、年収200万以下だと未婚率40%です。

年収100万円台だとおよそ半数の男性は一生結婚出来ないのでした。


女性が男性に求めているのは「金」であり、金があれば多少の難点があっても結婚に応じている。

この調査は正社員と正規職員だけで、パートやアルバイト、派遣は含まれて居ません。

正社員ではない男性の未婚率は、もっと大幅に高いでしょう。

 

女性は低収入ほど結婚し易い

男性で年収1000万以上だと未婚率5%だったが、女性で1000円以上だと未婚率40%以上でした。

高収入な女性の半分近くは、一生結婚出来ないという非情なデータが出ています。

これが年収900万円だと未婚率25%に低下しているので、結婚相談所に900万円以下と登録するのも手です。


女性は年収900万円から400万まであまり差が無く25%前後だったが、興味深いのはもっと収入が低い女性だった。

年収300万で20%、年収250万で17%、年収200万で14%と順調に下がり、年収200万以下では未婚率10%を達成しています。

では無職や家事手伝いはもっと未婚率が低いのではと想像するが、おそらくその通りになっている。


別な調査で女性全体の生涯未婚率は約10.6%で、「正社員職業統計」の約12%よりも低くなっています。

という事は正社員女性より、パートや無職女性の方が未婚率が低いと推測できます。

家事手伝い女性の未婚率は恐らく1桁で、大半が結婚しているようです。


また女性には結婚しにくい職業があるのが分かり、情報処理は43%や法務関係は33%が生涯未婚だった。

女性の未婚率が低かったのは、工場作業員、家庭支援サービス、農業、漁業など「今風でない」職業がずらりと並んだ。

女性の肉体労働者やトラック運転手、飲食、清掃など「お嫁に行けない」イメージがある職業は、逆に未婚率が低かった。


全職業の総合では、男性で最も未婚率が低いのは鉄道運転士で、98%が結婚していました。

女性で未婚率が低い職業ベスト3は、保険金融、農業、製造業で、いずれも97%前後が結婚していました。

このうち農業は結婚してから夫と一緒に農業を始める人が多いので未婚率が低いと考えられる。