ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


「珉珉」なんば南千日前本店 B定食 餃子と中華のセット

f:id:nonoty32a:20160310164102j:plain

 

日本初の焼き餃子「珉珉」

珉珉(みんみん)は日本で初めて焼き餃子を販売した店として知られています。

1号店は昭和28年に大阪難波の千日前で営業を始め、焼き餃子が爆発的ヒットしたと書かれている。

餃子発祥の地を名乗る店はいくつかあって、野毛の萬里は昭和24年に焼き餃子を販売したとされている。

 

ほうれん草と卵の醤油炒め定食580円

f:id:nonoty32a:20160310163914j:plain

f:id:nonoty32a:20160310164400j:plain


餃子の王将は昭和42年と結構新しいので、珉珉が大阪で始めてなのは間違いないようです。

珉珉本店に行くには、大阪ミナミの南海難波駅を正面から御堂筋方面を少し歩き、難波本通と書いた看板の商店街に入っていく。

飲食店やパチンコ店が立ち並ぶ通りに珉珉の立て看板とお勧めメニューがあり、路地に曲がると赤い店舗がある。

 

マルハンを横に曲がると赤い店舗がある

f:id:nonoty32a:20160310164514j:plain

f:id:nonoty32a:20160310164825j:plain


現在は隣にパチンコマルハンの巨大な店舗があるがフェンスで仕切られているので静かで人通りには多くない。

珉珉は11時から午後4時頃までやっているランチでは、安いお値段で餃子と料理を楽しめます。

今回は別々の日に行って、ともに「B定食」と書かれたランチセットを注文しました。


「A定食」はジンギスカン定食で餃子なしで500円だが、「B定食」は餃子7個とおかず付きで580円、スープも付いて絶対お得です。

最初に行った日のB定食は「ほうれん草と卵の醤油炒め」別の日には「豚バラ肉と白菜のうま煮」となっていたので日によって違うようです。

他にも麻婆豆腐や酢豚、ラーメン炒飯セットなども選べる。

 

f:id:nonoty32a:20160310165019j:plain


ランチタイムの「B定食」がお勧め

千日前の珉珉本店は大抵混んでいて、2階に案内されることが多く、テーブル席などに相席になります。

客はサラリーマンとか周辺の店で働いている人、パチンコ客などほとんどが男性で女性はカップルだけだった。

繁盛している大衆中華料理店としては店内は清潔で、掃除は行き届いているようです。


2階では1階の厨房から上がってきた料理を女性従業員が順番に運んでくれます。

混雑時でも注文して5分から10分で料理が出てくるが、餃子とおかずとご飯はバラバラに出てきます。

最初に行った日は餃子を食べていたらオカズが届き、次の時は逆の順番なので、出来上がった順に出しているようです。

 

豚バラ肉と白菜のうま煮定食580円

f:id:nonoty32a:20160310165101j:plain

f:id:nonoty32a:20160310165124j:plain


料理は薄味で上品な感じだが、男性客も満足できるしっかりしたもので、特に野菜が新鮮で美味しい。

ほうれん草や白菜の炒め物は、野菜好きには堪えられない旨みと食感が出ている。

外食では野菜をちゃんと摂れる店が少ないが、珉珉なら肉や脂だけでなく野菜も摂れる。


名物の「元祖焼き餃子」は王将餃子より薄皮で食べやすいが、皮のパリパリ感は少ない。

残念なのが餃子のタレを自分で調整できず、少し酸っぱかったのだが、酸っぱい方が好きな人が多いのだろう。

白いご飯も美味しいお米を使っていて、スープも付いてボリュームもあり、充分に満足できるランチでした。

 

f:id:nonoty32a:20160310165156j:plain

f:id:nonoty32a:20160310165808j:plain

珉珉 南千日前本店
中華/餃子

住所: 〒542-0074 大阪府大阪市中央区千日前2−11−25