ミトラのブログ 秘境と異世界

田舎の写真、異世界、マネー、雑学



集落

十津川村の秘境温泉がある旧道

湯之原から十津川に沿って武蔵集落へ 前回は十津川村小井の旧道で峠越えをしてから親之谷の林道を通って浄水場まで往復しました。

十津川村の山崎地区の集落

整備された真っすぐな国道 前回は奈良県十津川村の花園地区にある二村小学校跡に行き、国道168号線に戻って南下しました。

十津川村立二村小学校跡と周辺集落

孤立した山間地に豪華ホテルのような廃校 十津川村の風屋花園という地区から脇道に逸れた場所に、今は廃校になった十津川二村小学校跡があります。

十津川村国道168号線の旧道めぐり、風屋花園集落

十津川村の国道168号が重要な理由 奈良県十津川村に向かう国道168号線は現在はかなり整備されているが、一部林道のように狭い箇所が残されている。

川上村の高原集落から吉野川に出る

吉野川を見下ろす高原集落 前回は天川村の洞川温泉から舗装林道で峠越えをして川上村の高原集落まできました。

奈良県天川村から川上村への裏道

天川村から山越えで川上村へ 奈良県天川村から舗装林道を通って川上村に出る道は、好きな道の一つで何度か通った事があります。

東吉野村の高見と四郷 神武天皇も通ったルート 

東吉野村は山岳地帯の始まりに位置する 奈良県東吉野村は奈良県真ん中の右側辺りにあり、地図で見ると奈良市に近いので栄えているように見える。

川上村の武木集落と天誅組最後の食事

天誅組最後の日に食事をした地 前回は奈良県川上村の吉野川沿い国道169号線から武木集落に入り、武木小学校跡まで来ました。

奈良県川上村の武木集落

川上村の武木集落 奈良県川上村は地図の左上から右下を吉野川が流れていて、平野部に出る前に大滝ダムによって調整されている。

十津川村の内原地区と奥里集落 森と渓谷の傾斜集落

内原集落 十津川村の168号線から滝川沿いの道に入り2キロほど進むと滝川集落がある。

十津川村滝川沿いの滝川集落

滝川沿いの集落 奈良県十津川村には吉野方面から南北に十津川が流れ、十津川沿いに国道168号線が走っている。

上北山村は古代史の秘境 神武天皇も通った道

奈良最強の田舎 奈良県南部の山間地は西側の十津川水系沿いと、東の吉野川や北山川が流れている方面に分かれている。

京都市北区大森東町の廃村寸前集落

行き止まりの道には古い集落がある法則 前回は京都北区の岩戸落葉神社に立ち寄りましたが、神社の奥に道が続いていて、地図によるといくつか集落がありそうでした。

笠置町から南山城村の山間集落

南山城村は隣町より人口が多い 前回は笠置町の山の中の集落を通り、八幡宮という村の神社まで来ました。

京都府笠置町の集落

集落からキャンプ場や駅方面を見た景色 人口1100人の過疎の町 京都府笠置町は2013年ごろのニュースで、1年半出生ゼロと書かれている。

犬鳴山の林道集落 中畑地区

限界集落は自然との戦場 このブログでは2019年は限界集落や過疎集落、消滅集落を重点的に回っています。

和泉葛城山から犬鳴山周辺の山間集落めぐり

犬鳴山は大阪市民のレジャーランド 大阪南部の富田林市から泉佐野市の南側に和泉山脈があり、西側は和歌山県に達し海に落ちています。

十津川村の河津谷集落と川津集落

河津谷集落 十津川村の国王神社から数百メートル先に河津谷というバス停があり、山側の道を上ると小さな集落がある。

十津川村高津の廃村集落 人より猿が多い

住んでいるように見えるが近づくとすべて空き家 高津集落と谷瀬集落を分けた違い 前回は十津川村の谷瀬集落に行きましたが、十津川の谷瀬の吊り橋を挟んで谷瀬と上野地の両集落に分かれています。

十津川村谷瀬地区の集落

十津川村は野迫川村よりは都会 十津川村谷瀬は前にも来たことがあるが、集落などをゆっくり観察したいと思い再訪しました。

川上村の下多古集落 かつて林業最盛期に栄えた村

日本最古の人工林 奈良県の吉野川上流には多古(たこ)という珍しい地名があって、やや上流の上多古川沿いに上多古集落がある。

川上村の大滝地区と東川地区 やや限界の集落

吉野川の東川地区 前回は奈良県吉野川を上流に遡って川上村の東川という地区に入りました。

川上村東川と奈良南部の限界集落

奈良県の下半分は限界集落 奈良県川上村は奈良県の上下中央の右側にあり、平野部に近い(自動車で30分ほど)ので酷い田舎ではない。

宇陀市榛原荷阪の林道風景

榛原荷阪の林道と渓谷 梅雨の合間に天気予報を見て奈良県南部も京都方面も雨だったが、宇陀市周辺の降水確率が低かったので宇陀市に出かけました。

野迫川村の集落 廃村累々

今井集落 奈良県で最も到達困難な野迫川村 前回は野迫川村の中津川に行きましたが、野迫川村の中心部も周って帰りました。

廃村中津川 廃寺の地蔵と廃神社

村は昭和44年に崩壊 奈良県五條市の旧大塔村から野瀬川村にかけては1000m以上の山が連なり、年間降雨量も多い。

廃村中津川 行かない方がいい場所がある

貧しさから住民が集団離村 旧大塔村から天ノ川支流の川原樋川沿いに、奈良県道734号線を遡って中津川に向かっています。

大塔町飛養集落から中津川を目指す

大塔町飛養の傾斜集落 前回は旧大塔村の辻堂集落、現在の奈良県五條市大塔町辻堂でしたが、天ノ川を渡って反対側の集落に向かいます。

梅雨の合間に旧大塔村の集落めぐり

町村合併した旧大塔村の現在 奈良県の五條市は不思議な形をしていて、上部分と下部分の中間が細くなってえぐれている。

京都笠置町の山間で昭和木造団地を発見

昭和レトロな木造団地が保存されていた 京都府の奈良県に近い南部に木津川が流れ、その山間部に近いあたりに笠置町があります。