ミトラのブログ 秘境と異世界

古墳、異世界、旅、マネー


奈良

十津川村玉置神社と世界遺産の小辺路

玉置神社 前回は世界遺産の十津川村玉置神社の参道を通って、やっと神社のある場所に辿り着きました。

十津川村の玉置神社は日本最古の神社

神社の前は、山など場所そのものが信仰対象だった 日本最古の神社ができた経緯 十津川村の南東部、紀伊半島のもっとも山深いあたりに玉置山と玉置神社があります。

十津川村をゆく 過疎化で人口5分の1に減少

旧平谷小学校、十津川村だけで33の小学校が廃校になった 十津川村の今 十津川村は現在中心部の役場や道の駅がある辺りに機能を集中させようとしている。

十津川村の上流域は自然の宝庫

十津川村南部の上流域へ進出 十津川村には何度か行きましたが、村役場や道の駅がある辺りまでが多かった。

信貴山朝護孫子寺で護摩焚きに遭遇

聖徳太子が寅の刻に必勝祈願したら勝てたという 寺ができたのは太子から600年も後 聖徳太子はかく戦えり 信貴山(しぎさん)は奈良県側にあるが大阪市内なから近く、自然が豊かなので大阪人で賑わっている。

高野町富貴集落から丹生川渓谷沿いに走る

標高600mの集落 奈良県五條市から県道732号を通って和歌山県高野町の富貴という集落に出る道は、舗装されているのが不思議なほどの山道です。

天川村の洞川温泉の龍泉寺で散る桜を見る

洞川温泉に吸い寄せられて立ち寄る この日は奈良県天川村を飛び越えて、去年行けなかった上北山村まで行こうと思っていました。

明日香村で農村めぐり 桜や菜の花を見ながら欽明天皇陵へ

文武天皇陵裏の農村 前回は明日香村キトラ古墳の裏側や高松塚古墳の裏側を回り、隣の文武天皇陵まで来ました。

明日香村でキトラや高松塚周辺の農村めぐり

春の気配を探しに 4月の始めに春らしい写真を撮りたいと思い、明日香村に出かけました。

天川村の無人山岳集落、広瀬地区

一見住んでいそうだが実は無人 無人集落なのに手入れが行き届いていた 前回は天川村の塩野という高地集落まで行き、森の中の天満宮で休憩し、また走り出しました。

天川村の山岳集落「塩野」地区の天満神社に行く

塩野天満宮、木のベンチは腐って自然に還る最中 天川村の天ノ川沿いから高地にに上がる 天川村は去年気に入って何度か行きましたが、山間地で冬は気温がマイナスなので行けませんでした。

吉野山の千本桜をバイクで花見

金峯山寺から如意輪寺に降りていく途中 才谷地区から吉野山を目指す 吉野山は花見の名所として知られていて、千本桜と呼ばれる景勝地が何カ所かあります。

大和上市駅「ひかり食堂」から吉野川沿いの楢井集落へ

これがひかり食堂 「ひかり食堂」を再訪 前回は大淀町の水分神社まで来た後、近くの大和上市駅まで行き、駅前の「ひかり食堂」でランチにしようと思いました。

吉野川沿いの旧道の街並み 大淀町水分神社へ

高台にある古い神社は当たり確率が高い 吉野川の吉野町周辺 3月の桜が咲く前の時期に、吉野川の吉野町周辺に行ってきました。

釈迦ヶ岳登山道入り口周辺は雪が残っていた

登山道を10mほど上った展望スペースから 残雪の道をバイクで走る 十津川村の旭川に沿って山の方に上り、旭集落や旭ダムを過ぎると道は舗装林道になります。

旭ダムを通って釈迦ヶ岳にバイクで上がる

旭川の旭ダム 十津川村の釈迦ヶ岳方面を目指して旭川をさかのぼり、旭ダムを過ぎてバイクで山道を登って行きました。

十津川村の旭川と旭ダムを目指す

猿谷貯水池脇の集落 旭川沿いにもみじ街道を進む 奈良県の平野部から国道168号を通って十津川村に行く途中で、東に曲がって「もみじ街道」を進みます。

吉野の知られざる古代史

高見川を上流に上ると次第に川は険しくなり、大雨で流されてきた岩が転がるようになる。やがて丹生川上神社の辺りに出るが、この辺は日本書紀や古事記より前の時代に、神武天皇が来たとか来ないとか書かれている。

伊勢街道から高見川の旧道に入る

高見川沿いの旧道 明日香村から山を越えて吉野川に出て、伊勢街道と呼ばれる国道169号線で上流に上ります。

奥明日香(栢森)から吉野川に出る

田舎からさらに田舎の道へ 明日香村は飛鳥駅がある北西部が平野で東側と南部は山地になっています。

早春の明日香村から東吉野村へ

今にも降り出しそうな山の方に向かう 春らしさを求めて明日香村へ 冬の間は寒いし景色も寒々しいので明日香村には行っていなかったが、そろそろ春っぽいのではないかと思いました。

大塔村立 阪本小学校(廃校)を訪問

旧大塔村の坂本地区は五條市大塔町坂本になっていて、猿谷貯水池の周辺には数十戸の民家が残っている。

旧大塔村の簾地域の山道

現在奈良県五條市大塔町になっている南部の山間地は2005年まで大塔村でした。

大塔町篠原集落を訪問

県道235号線を舟ノ川沿いに東へ進むと篠原という集落に差し掛かります。

永盛尋常小学校跡を訪問

奈良県五條市から国道168号線を通って十津川方面に向かい、大塔温泉から県道235号線に曲がります。

天ノ川沿いの旧大塔村を訪問

林業壊滅で自然に還る大塔村 国道168号線沿いの旧大塔村は現在は奈良県五條市に合併されて、一部の地名にだけ大塔町が残されている。

五條市大塔町の山間地を目指す

数十の限界集落が点在 奈良県の五條市大塔町は十津川町への中継地点と同時に、山系水系が入り組んでいて見どころが多い。

窪垣内の国栖の里から吉野川を見る

窪垣内から東吉野村へ 奈良県の吉野川流域は下流の五條市は大きな市でその上流の大淀市もスーパーなどがあります。

宮滝展望台と国栖の里 ビュースポット

吉野川の展望スポット 吉野町には吉野川を眺める場所がいくつかあり、宮滝遺跡の近くには宮滝展望台がある。

吉野町の喜佐谷集落を走る

喜佐谷集落 吉野町の吉野川展望デッキ近くから南に曲がり山を登ると桜木神社があり、さらに南下すると喜佐谷という集落があります。